自衛官同士の恋愛ってアリ!?駐屯地内で育まれる恋愛事情について

 

元陸上自衛官のレトロ軍曹です。

自衛隊にいた頃、女性自衛官(WAC)の存在というのは非常に稀有な存在で、それを心の拠り所にしている男性自衛官も少なくなかったように思います。

 

そんな中、これから自衛隊に入ろうと思っている人にとっては「女性自衛官と付き合えるの?」という、淡い期待を抱いている人がいるかもしれません。

個人的には、女性自衛官よりも外の世界で生きている女性の方が魅力的だと思っていますが、今回の記事では「自衛官同士の恋愛ってアリ!?駐屯地内で育まれる恋愛事情について」というテーマで進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

女性自衛官と付き合える男性自衛官もいる

 

結論から言うと、女性自衛官と付き合える男性自衛官もいます。

ですが、女性自衛官が存在する部隊と存在しない部隊があるので、女性自衛官がいない部隊に所属してしまうと、そもそもの出会うキッカケがなかったりもしますね。

 

私がいた中隊は、恐らく駐屯地内の部隊の中で1番女性自衛官の数が多かった部隊だったと思います。割合としては男性隊員10人弱に対し、WAC1人くらいの割合でした。

しかも「この女性自衛官たちの90%以上が男性自衛官と付き合っていて、最終的には結婚まで行っている」という感じです。

 

パーセンテージ的には非常にハードルが高いようにも感じますが、女性自衛官の多くは「同じ自衛官の中から、パートナーを選んでいる」という感じなので、夢はあると言ってもいいのでは?

 

スポンサーリンク

自衛官同士で付き合ったり、交際することのメリット

仕事に対する理解がハンパ無い

例え違う部隊に所属していたとしても、割と共通の話題が出来るので、仕事上での悩みや愚痴などが深いレベルで理解できます。

 

男性自衛官×一般女性だと、仕事の付き合いとは言え「ちょっと飲み会多すぎじゃない?」と詰め寄られてしまうということもあるような気がしますが、自衛官同士ならまず心配ないでしょう。

 

当直、警衛に対する理解もあるので、浮気どうこうの話に発展してしまうこともないでしょうし…。機密情報を知る者同士ということで、通常カップルよりも結託感があるかも。

 

 

少子化の実感がないほど、子供を作る家庭が多い

 

一般の世界を見ていると、「そもそも子供を育てる余裕がない」という声がメチャクチャ聞こえてきますが、私の周りにいる陸上自衛官を見ている限りだと「本当に日本は少子化が進んでいるのか?」と思うくらい、子供がいる人が多いです。

 

お父さんが男性自衛官で、お母さんが一般女性という家庭でも、そこそこ子供を産んでいる印象がありますから、男女ともに自衛官だという場合の出生率は、軽く2.0を超えている数値(下手すりゃ3近い)じゃないかと思います。

 

体質的な問題で子供を作れないという場合は仕方ないものの、もし「金銭的な問題で子供が作れない」という場合は、自衛官カップルには全く関係のない話と言えるでしょう。

ちなみに女性自衛官の場合は、出産を機に退官する人もいますが、当然続ける人もいます。

続ける場合は「2馬力」と呼ばれているくらい、非常に裕福な家庭を築けることが多いので、もし自衛官同士で良き相手と巡り会えたという人は、羨ましい限りですね。

 

いつまでもお互いが変わらない(外見的に)

個人的にちょっといいなぁと思うのは、男女ともに体型がそこまで大きく変わらない人が多いという部分です。

私は自衛官を退職して10年ほど経ちましたが、さすがに30代後半に差し掛かってきて、ちょっとずつ太ってきた実感があります(最近、仕事が終わってから走るようになりました)。

 

自衛官が全員スリムという意味では無いものの、仕事の一環として有酸素運動ができますし、相手が幻滅してしまうほどブクブク太ってしまうという例は少ないはず。

運動をすることで体型も維持できますし、健康でいられる人も多いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

自衛官同士で付き合うことのデメリット

 

一方で、当然ながらデメリットもあります。

まず「付き合っていることがバレやすく、何かしらの横やりが入る」という点です。

 

自衛官からすると、体型やら身なりやら「あの腰に付いてる安っぽいチェーンは身分証じゃね?」的な情報から、外で会う自衛官にも割と気付くことが多いです。

そんな中、自衛官カップルが外を歩いていたら、高確率で誰かに目撃されます。

 

もっと言うと、同期同士のカップルでもなければ上下関係に厳しい自衛隊において「後輩の女性隊員が、なぜか男性の先輩隊員にタメ口で話し始める」ということが起きるので、よほど上手くやらないとバレることが多いですね。

 

私が所属していた中隊内では、実際に交際を経て夫婦になっている自衛官が何組もいたので、原則として「職場内恋愛を禁止しているということはなかった」です。

ただし、公私混同していると思われるのか、何らかのタイミングで片方が派遣隊に出されたり(まぁ近場への転勤みたいなもんです)、先輩隊員から冷やかされたりなど、割と苦労も多そうでした。

 

あとは、これは私が勝手に想像していたことなのですが、「自分の彼女がスケベ心丸出しの上官に対し、ビールを注ぐ機会が多いのは嫌だ」という変な感情があるような、ないような。

外の世界でもあるのかもしれませんが、自衛隊の場合は飲み会が圧倒的に多いですし、実際に場面を想像できてしまうのも嫌です。

…ま、私の想像上の話ですが。

 

スポンサーリンク

女性自衛官に可愛い人はいるのか問題

 

以前にも別記事で書きましたが、割合的には少ないとは言え、女性自衛官にも可愛らしい人はいます。

女性自衛官に可愛い人はいる?ちょっと気になる女性自衛官の実態

 

ただ、こんな言い方をしたら女性自衛官の方に怒られてしまいますけど、大して可愛くないWACにも男は群がるので、ちょっとでも可愛いWACとなればもう戦争です。

 

そういう意味では、外の世界で探した方が話が早いような気もします。

もちろん女性自衛官の場合は、色々と言い寄ってくる男性自衛官の中から選り取り見取りですから、結婚相手を探しに入隊するという人も多く、そういう動機での入隊もおすすめです。

 

スポンサーリンク

最後に

ちなみに散々偉そうなことを書いてきましたが、私自身はWACと付き合ったことがありません。

1番仲の良かった同期がWACと結婚したということで、彼の取材に基づいて本記事を書かせていただきましたので、その辺りはご了承ください。

恋愛事情
スポンサーリンク
シェアする
元陸上自衛官が内部事情を暴露する