自衛隊はゲイやホモの巣窟!?|男性を好きな男性隊員の存在について

 

元陸上自衛官のレトロ軍曹です。

これまでに何度か「上官(男性)が部下の男性隊員に対し、みだらな行為をした」という報道を聞いたことがあります。

 

「筋肉隆々の男たちが集まっている場には、そういう人が1人くらいいてもおかしくないのでは?」と考える人もいるのではないでしょうか。

この記事では、ゲイやホモと呼ばれるような「男性のことが好きな男性、男性の身体を積極的に触りたいと考える男性の存在」について、私の実体験を踏まえてご紹介したいと思います。

 

ゲイやホモなどの表現は差別に当たる可能性があるので、以下では「セクマイ(セクシャルマイノリティ:性的少数者)」と表現します。

 

スポンサーリンク

私がいた部隊では未確認

 

自衛隊ではお風呂場が銭湯のようなものなので、見ようと思ったら同性の全裸は見放題です。

セクマイの人たちにとっては夢のような空間なのかもしれませんが、私の周りにそのような怪しげな雰囲気をまとっている人は1人もいませんでしたし、噂話のレベルでも聞いたことがありません。もちろん私もそのような被害を受けたことはないです。

 

ただし全国には自衛官が約25万人いるようなので(平成29年版防衛白書参照)、それだけの人数がいたらセクマイの人が居てもおかしくないですし…。

その中の一部が「自身の欲望を堪えきれずに…」という展開は、たまに不祥事として挙がってもおかしくないのでは?

 

いずれにしても「バディ(自分のペア)がセクマイで、実質的な被害に遭う確率」というのは極めて低く、個人的には「宝くじに当たる方がよっぽど可能性として高いのでは?」と思ったりもします。

 

スポンサーリンク

男同士のセクハラやパワハラは星の数ほど

 

よく「男で下ネタ嫌いなやつはいない!」という人がいると思います。

私も別に嫌いではありませんが、下ネタの種類によっては「そんなに大笑いすることかな?」と思ったりしますし、自分から積極的に下ネタを発信する側の人間ではありません。

 

そんな私が嫌になるほどのレベルで、下ネタは横行しています。

セクマイの人がいなくても、飲み会で全裸になったり、あるいは全裸にさせられたりという経験を持つ人は少なくないでしょう。

 

いつだか忘れてしまいましたが、自衛隊内のいじめで「上官に全裸にさせられ、陰毛をライターで焼かれた」というニュースがありました。

それに対して一般の人からは物凄い非難が集中していたものの、私の中では「それってそんなに大きな問題なのか…」と思った部分もあったので、そういう意味では私も毒されているのだと思います。

 

私が見てきたのは、本当に何も穿いていない状態で「安心してください!穿いてませんよ!」というような、某芸人さんのギャグ(に似たもの)を強要されるとかそんなんですね。

「レイザーラモン〇G/こじま〇しお/とにかく明るい〇村/〇キラ100%」あたりの芸風をもった芸人さんが出てくると、飲み会の席でそれに近いものを強要されたりするので、本当に迷惑だと思っていました。

下っ端隊員の究極の試練「飲み会の余興」の乗り切り方を伝授する!

 

スポンサーリンク

女性に飢えた隊員は山ほど

 

では「ほとんど男性ばかりの環境の中で頭がおかしくならないのか?」という疑問ですが、頭がおかしくないと続かない仕事ではないかと思う部分もあります。

自衛隊内でも外の世界のことを「娑婆(シャバ)」と表現することがあります。これは主に、刑務所のような外の世界と隔離されている場合に用いられる言葉です。

 

自衛隊も敷地に柵や有刺鉄線を設けて、中と外の人の行き来を制限しているという意味では隔離されているようなものなので、こういう表現をしたりすることも珍しくはありません。

…が、刑務所に比べると遥かに自由です(刑務所に入ったことがないので「恐らく」というレベルの話になってしまいますが)。

 

ただ、やる気になれば週末外出を利用してキャバクラに行って女性と接したり、なんなら風俗に行くことも可能なので、仮に彼女がいなかったとしてもお金を払う対価としてそういう欲は満たせるのではないかと思います。

 

こういうお店に先輩隊員から連れていかれる機会も割と多く、私の場合は「飲み放題と揉み放題、どっちがいいか選べ」というセリフは飽きるほど聞きました。ちなみに「揉み放題」と答えると、多くの先輩隊員が喜びます。

※先輩がおごってくれるという風習は芸人さんほどありません。

自衛隊とお笑い界の上下関係の違い|先輩は後輩に奢ってくれる?

 

スポンサーリンク

まとめ

私は割と大きめの駐屯地で勤務していましたが、それでも「カマを掘った/カマを掘られた」という話は全く聞いたことがなかったので、実際にあったとしてもかなりの少数派だと思います。

 

どちらかというと小学生や中学生がそのまま大人になったような人間が多く、下ネタが大好きで女に飢えているという人がほとんどです(ある意味、これが健全というような気もしますが)。

 

直接的な性的被害はありませんでしたが、酒の席で裸を強要されて笑われるというのも人によっては相当屈辱的だと思うので、このあたりは立ち回りやキャラ作りを徹底して避けるしかないでしょう。

恋愛事情
スポンサーリンク
シェアする
元陸上自衛官が内部事情を暴露する