自衛隊で許されている髪型・オシャレ|新隊員時代は坊主一択!?

元陸上自衛官のレトロ軍曹です。

中学や高校時代の運動部の場合だと「新入部員は坊主」という風習が残っている所もあるかと思います(最近はパワハラになるから少ないのかな?)。

 

ちなみに自衛隊では、ほぼ強制的に坊主にさせられるタイミングが存在し、それ以外では「ルールを守っていればある程度伸ばすことは可能」となっています。

お父さんになった時に子供の授業参観に行って「あの人、たぶん自衛隊だ」とバレない程度の風貌になることは十分に可能です。

 

というわけで今回は、自衛隊における髪型やオシャレの自由度、坊主を強制されるタイミングについて、私の実体験を踏まえながらご紹介したいと思います。

所属する部隊によって大きくルールが変わります。

 

スポンサーリンク

坊主を強制されるタイミング

新隊員時代

自衛隊には新隊員と呼ばれる時代が約1年半あります。この時期は基本的に坊主です。

私が所属していた部隊では「次の新隊員が入ってくるまでは坊主」という決まりがあり、基本的には新隊員時代の1年半は坊主頭の人が多かったです。

 

私は入隊する時「坊主が嫌だから入りたくない」と言ったところ、広報官から「短くはしてもらうけど、イチロー選手のようなスポーツ刈りでも大丈夫だよ」と言われて入隊し、その2ヶ月後には3mmの坊主頭になりました。

関連記事私が自衛隊に入隊した理由|最初は入隊する気が1ミリも無かった

 

新隊員時代は、前期教育から後期教育へ移行するタイミングや部隊配属になるタイミング、階級が上がるタイミングなど…、様々な節目が訪れます。

その節目節目で「ピシッとしろよ」という圧力がかかるので、よほど嫌じゃなければ坊主にした方が無難ですし、風当たりも強くならずに済むでしょう。

 

曹試験の受験~教育中

陸上自衛隊を例に挙げると、一般隊員の入隊時の階級は二等陸士です。ここから入隊区分の差によって若干のスピード差はあるものの、黙って自衛隊に在籍していれば一等陸士になり、陸士長へと昇級します。

陸士長になったら次の階級は三等陸曹なのですが、これには試験に合格しなければなることができません。そして、自衛隊に一生いたいと思うのであれば三等陸曹になることが必要です。

 

この試験が厄介なのは「筆記試験と体力試験に合格し、その後の面接試験に合格しなければならない」という試験部分ではなく、試験を受けるという姿勢を強く求められるという点です。

早い話が「ちょっと調子に乗ってオシャレをするようなチャラチャラした気持ちで国が守れるか!?」というような滅茶苦茶な言いがかりにも似た部分があり、試験を受けるためには坊主頭が必須というような空気に溢れています。

 

1回で試験に合格できれば、後は陸曹教育課程の3ヶ月間を坊主頭で過ごせば、もう坊主に縛られることはほとんどなくなるでしょう。

しかし試験に合格できなければ、毎年1年周期で坊主頭にしなくてはならないタイミングが巡ってくることになります。

10代後半や20代前半の1番女子と仲良くしたい時期に坊主を強制されるというのも辛いですが、20代後半になって世間的には割と良い大人になっているのに坊主を強制されるというのも中々辛いものがあるはずです。

 

何か悪いことをしたタイミング

私は6年間の自衛隊生活で「割といい大人(もちろん私よりも先輩で階級も三等陸曹以上)の人が坊主にした(半ば強制的にさせられた)」という事例を2つほど見たことがあります。

1つは自衛隊の身分証を紛失したケース、もう1つは駐屯地内で酔っ払ってトラブルを起こしたケースです。この2つはそれぞれ陸曹が坊主頭にしていました。

 

ちなみに身分証を紛失した方の当事者は私にとって2人部屋の相方だったのですが、話を聞いたら「坊主頭にしろと言われたわけではないけど、今後の自衛隊生活で反省と誠意を見せろと言われ、その中に坊主頭も含まれているという圧を感じた」ということで、半強制的ではありながらも自主的に坊主にしたようです。

 

スポンサーリンク

坊主頭ってどの程度の坊主?

ちなみに坊主にも色々あるじゃないですか?

一休さんやマルコメ君、磯野カツオのような、今時小学生でもいないような坊主頭もあれば、桜木花道のようなちょっとやんちゃ坊主みたいなパターンもあります。

 

私の時は「15mmがギリギリ」というイメージでした(15mmあればシャンプーがしっかりと泡立ちます)。20mmにもなるとガッシリ掴めるので、やり直せと言われた人間が何人かいましたね。

15mmだと掴めるものの「ちょっと長いんじゃねーか?」という小言や嫌味を言われるだけで済むことが多く、どうしても坊主頭にしたくないという同期は15mmや12mmのアタッチメントで坊主にしていました。

 

私はどちらかと言うと「20歳も超えてるのに、いちいち髪の毛がちょっと長いなどのくだらない理由で、年下の先輩から小言を言われる方が嫌だった」ので、3mmの坊主頭にしていました。

3mmは完全に青くてマルコメ君レベルです。シャンプーも泡立ちません。

 

最初は坊主が嫌で入隊したくなかったのですが、いざ坊主頭にしてみると別にそこまで嫌じゃなかったという部分もありつつ、何より「人が嫌がる姿を見て楽しんでいる先輩隊員たちに腹が立つ」という部分が強かったです。

何なら「そっちがその気なら…」という感じでスキンヘッドにしてやろうとも思いましたが、残念ながら安全管理上スキンヘッドは許可されておらず、3mm以下だと逆に許可されないという感じでした。

真偽の程は不明ですが、毛が無いとそれはそれでガスマスクやライナー、てっぱちなどの被り物をするときに問題があるようです。

 

スポンサーリンク

オシャレ面での制限と制約

常に見られているという自覚が必要

これまでに自衛官だった経験がある人は、何となく「あいつ自衛官っぽいな」という人を見た目で判断できると思います。仮に坊主頭じゃなくても、何となくそれっぽい空気感があるんですよね。

一般の方がそれに気付くかどうかはわかりませんが、駐屯地から出る所を目撃されたらそれはもう自衛官だとバレてしまいますから、駐屯地から出る時の服装は意外と厳しかったです。

例えば「サンダルはダメ/あまりにも奇抜な服装はダメ」などは、私が経験した部隊すべてで共通でした。

 

私の同期の女性自衛官の1人は、いわゆる「ゴスロリ系のファッション」が好きで、メイド喫茶などにスタッフとしていそうな服装で外出している人もいましたが、駐屯地から出る時はジーンズにTシャツというラフな服装で出て、駅のトイレで着替えていたようです。

 

髪の毛は帽子で隠れる部分は長くてもOK

自衛隊では常に戦闘帽・迷彩帽を被ることになります。そのため「帽子を被った時に見えない部分の髪型はある程度自由」でした。

分かりやすく言うと、映画クローズで小栗旬さんがやっていたような髪型は割とセーフ(限度はあります)で、もみあげ部分や襟足部分は短くないといけませんが、頭頂部は帽子に収まる範囲で長くしてもいいというイメージです。

これなら一般の会社に勤めている営業職の人と比べても自由度は変わらないですし、むしろ自衛隊の方が自由かもしれません。

 

スポンサーリンク

最後に

自衛隊では最初は坊主にした方が波風は立たないと思います。あとは節目節目で無言の圧をかけられるという感じですね。

ちなみに一般の会社で似たような事例があれば「それはおかしい/今の時代にそぐわない/会社が間違っている」という声の方が大きくなるでしょうが、プライベートも仕事中のような部分がある自衛隊において、そのような声を上げられる人がいるかどうかは疑問です。

 

私はどちらかと言うと「おかしいことはおかしいと言いたい側の人間」だと自分では思っていましたが、自衛隊においては「言っても無駄/大人しく坊主にした方が楽」という方向に向いてしまったので、ブレない自信がある人は徹底抗戦してみても面白いかも。

最近は陸上自衛隊でも「指導のために手をあげた」ということで問題になったというニュースを聞くようになったので、時代が変わりつつあるのかもしれません。

私が在籍していた頃は、叩いたり蹴ったりというのは普通にありましたので。