自衛隊を辞めてから10年「今まで一度も後悔していない」という話

 

元陸上自衛官のレトロ軍曹です。

私は自衛隊を辞める時、多くの先輩隊員や上官から「自衛隊を辞めたら絶対に後悔するぞ」と言われました。

「シャバはキツイぞ/自衛隊ほどお給料が貰えて休みも多い仕事なんか無いぞ」と飽きるほど言われたのですが、当時の私はそれを真面目に聞いていなかったのを覚えています。

 

そして現在、陸上自衛隊を辞めてから10年経ちましたが、辞めたことを後悔しているかどうかと聞かれれば「辞めたことに対する後悔は一切ない」というのが本音です。

今回は、現役陸上自衛官の方で「自衛隊を辞めようかな?」と思っている人に向けて、自衛隊を辞めた先輩でもある私からアドバイスを送りたいと思います。

 

自衛隊を辞めることを推奨するものではありません。

 

スポンサーリンク

私の経験談

自衛隊を辞めた理由

 

私が自衛隊を辞めた理由はいくつかありますが、色んなことが引き金になって「もう自衛隊が嫌だ!」と感じてからというもの、自衛隊の全てを肯定できなくなったというのが主たる原因です。

直接的な要因は「営内(寮)から出たい/地元に帰りたい/転勤が嫌だ/飲み会が苦痛」などなど、言い出したらキリがありませんがこんな感じでした。

 

そうやって色んなことが嫌になっている時に少し理不尽な思いをして、あとはもう退職まっしぐらという感じです。

ちなみに私は、常日頃から不満を感じている所に大きい波が来て、かなり感情的になって退職しましたが、現在自衛官だという人は決して感情的にならないようにして欲しいと思います。

私が陸上自衛隊を辞めた理由|パワハラで精神が崩壊しかけた日のこと

 

辞める時に不安を感じなかったかどうか

 

ハッキリ言ってメチャクチャ不安でした。

特に私の場合は学歴が高専中退で、厳密にいうと中卒(高卒扱いにはなるけど最終学歴は中卒という複雑な感じ)なので、再就職するにも高望みはできないだろうと思っていましたし、自衛隊に入る前に自分で就職活動をしていて結果を出せなかったという過去もあったので、心のどこかで「人生詰んだ」くらいに思っていた記憶があります

 

それでも辞める道を選んだのは「このままここにいると、人間としてダメになる」と強く思ったからです。

自衛官には人間性の素晴らしい人も多く、本気で自衛官としての使命を背負って日々の訓練に励んでいる人もいますが、中にはそうでない人もいます。

 

私の場合は「間違いなく後者になってしまうだろう」と感じたので、20代後半に差し掛かって「まだやり直しのきくうちに!」ということで辞めました。

私は陸曹としての立場を持っていたので、一生いようと思えば一生いれたと思います。

 

それでも「人の痛みも分からず、自分より弱い立場の人間だけに威張り散らすような人間になってしまうよりは、給料が低くて休みが少なくなってもいいから『真っ当な人間になりたい』という気持ち」で辞めました。

もちろん希望もありましたが、それ以上に不安もあったというのが正直なところです。

 

スポンサーリンク

自衛隊を辞めて思うこと

強がりなしで後悔はしていない

 

私が自衛隊を辞める時は、あまり得意じゃない先輩隊員からも「辞めると後悔するぞ?」と言われたりしたので、何となく「全然後悔してませんけど何か?」と答えてしまったのでは、私が強がっているような感じにも見えてしまうと思います。

しかし「全く後悔はしていない」というのが正直な気持ちです。売り言葉に買い言葉などの意地は一切なく、全く後悔していません。

 

私は自衛隊を辞めてから、営業も兼ねた技術系の職に就きました。

心のどこかで「もう理不尽な目に遭いたくない!」という気持ちがあって自衛隊を辞めたのに、今度は理不尽なお客さんに悩まされたりして、悩みが根本的に解決してないと思った部分はありますが、今でも「こっちの世界の方が自分には向いている」と思っています。

 

ただし、予想通り手元に残るお金はかなり少なくなりましたし、休みの数も相当減りました。

それに会社の上司・先輩社員も良い人ばかりではなく、中には「自衛隊の時にいたような嫌な先輩社員」もいたので、そういう意味では「こういうのはどこに行っても変わらないんだな」とも思いました。

それでも後悔していないのは「夜に1人で寝れる/綺麗なお風呂に入れる/地震があっても呼び出されない」などの人間らしい生活ができているからだと思います。

 

自衛隊を続けていくのにも才能が必要

 

私は今でも「昔、自衛隊にいた」と周りの人に言うと「なんで辞めちゃったの?勿体無い」と言われることがあります。

その時は「いやー、体質的にお酒が飲めなくて、このままだと命が危ないと思ったんで」と返すようにしていますが、これは半分は冗談で半分は本気です。

 

このブログでも「陸上自衛隊でやっていくのに1番必要な才能は『お酒が飲めること』である」と書いています。

身体能力が高いとか、頭の回転が速いとか…そんなのどうだっていいんです。お酒が飲めれば何とかなります。

そしてお酒が飲めるという才能も含め、自衛隊を続けていくのにも才能が必要なんじゃないかと痛感しました。

 

自衛隊で味わう理不尽は、一般社会で味わうそれとは種類が違います(どっちが軽い重いではなく)。

私の場合は、会社で嫌な先輩社員に嫌がらせをされようがパワハラをされようが、24時間一緒じゃなくてもいいという部分が、これ以上なく救いでした。

自衛隊ではプライベートも仕事のうちだったりしますし、やはり一般社会と比べると特殊な部分が大きく、向き不向きがあるように思います。

 

私は「弾の入っていない銃を持って、夜中に歩哨(見張りの練習のようなもの)をする」という行為に対して、心のどこかでバカバカしいと感じていました。

言葉を選ばずに言うなら「中学生がやるサバゲーだって、もうちょっと本格的にやるっつーの」くらいの感じです。

 

何かあったら「有事の際にそんなことでどうする!」という恫喝をする割に、本気で有事の際に機能する部隊だとは微塵にも思っていませんでした。

万が一戦争になって他国に攻め込まれたとしたら、弾薬を貰うために武器庫に並んでいる際中に爆弾かなんかで吹き飛ばされるんだろうなと。

 

これは向いてない奴の発想です。「くだらないし意味のないことはしたくない」と考える私のような人間には自衛隊は向いていません。

例え弾倉が空でも、弾が入っているという引き締まった気持ちで訓練に臨める人。もしくは「これも仕事だ」と割り切れる人。そういう人でなければ一生続けていくことは無理じゃないかと思います。

私のような人間が長く自衛隊にいると、いわゆる「理不尽な先輩隊員」の代表的な存在になってしまうのでしょう。

 

スポンサーリンク

自衛隊を辞めようか悩んでいる人へ

実際に辞めた人、1度辞めたけどまた戻ってきた人に話を聞く

 

私は6年間自衛官をやっていたので、新隊員同期の半分以上は既に辞めていました。

その辞めた同期に「もし自衛隊に戻れるって言われたら戻ってくる?」と聞いたり、同期の中には「2度目の自衛隊人生」という人もいたので、こういう人に話を聞きに行ったのを覚えています。

 

まぁ既に辞めた同期は「元から自衛隊を続ける気がなかった人が多かった」ということもあり、後悔していると言った人はほとんどいなかったわけですが…。

しかし、人生2度目の自衛隊への入隊を決めた同期の人の話は大変参考になりました。

やはり1度辞めた所にまた戻ってくるというのは、一般社会と自衛隊を見比べて「自衛隊の方がいい!」と思った人の行動でしょうから。

 

私が辞めると言った時、説得に来た上官や先輩隊員たちは「シャバは辛いぞ」と言ってきましたが、私は「ずっと自衛隊にしかいない、あなたたちに何がわかるのですか?」という感情でいっぱいでした。

特に私は2年遅れで自衛隊に入隊し、自分より年下の隊員に「シャバは辛いぞ」と言われるとは夢にも思ってもいなかったので。

 

入隊を決めた時から、既に辞める意志が固まっていた場合(任期付きと割り切って入隊していた場合)は話は別です。

しかし「ずっと続けよう」と思っていた人間が辞める方向に傾き始めた時というのは、少なからず一時的な不満のようなものもあるのではないでしょうか?

 

それが自衛隊から離れることで解決する問題なのか、そして一時の感情ではないと言えるのか。

このあたりを冷静に判断するためにも、実際に自分の知らない世界を経験している人から話を聞くことをおすすめします

 

辞めてもどうにでもなる

 

私は今でこそ、陸上自衛官を尊敬しています。そして災害派遣等で現地に赴き、職務を遂行している自衛官の方々には頭が下がる思いです。

もし現役の自衛官で、辞めようかどうかを悩んでいるという人が私の身近にいたら「頑張れるようなら頑張ってみたら?」と言いたいというのが本音かもしれません。

 

やはり自衛隊はお給料も安定していますし、休みが非常に多いです。

私は貰えるお給料こそ少しダウンで済んだという感じですが、休みは大幅に減りましたし、貯金できる余裕は大幅に減りました(私は学も資格もなかったので、参考になるかどうかは不明ですが)。

せっかく自衛隊に入って積み上げたものがあるなら、それを活かせる方向に持って行くことはできませんか?

 

ちなみに自衛隊を辞めたからと言って、自衛隊で積み上げたものが全くの無駄になるということはありませんし、辞めたってどうにでもなります

私のように自衛隊特有の部分が苦手でストレスを感じていたという人なら、給料が下がろうが休みが減ろうが大したことじゃないです(いや、大したことはあるけど)。

 

辞めた私が言うのもなんですが「辞めたってどうにでもなるんだから限界までトコトン頑張ってみて、それでもダメだと思ったら後悔するかもしれないとか考えずにチャチャッと辞めちゃえば?」と思います。

 

たぶんそこまで踏みとどまろうとしてダメだったんなら、向いてなかったんだと思います。次は上を向いて進めばいいだけですから、問題ないと思いますよ。

学がなくて中卒扱いの私ですらどうにでもなっていますし、その時はその時でまた頑張りましょう。

 

スポンサーリンク

最後に

一般社会でヒーヒー言ってる人からしたら、自衛隊は「給料も安定してるし、休みも多くて羨ましい」と思う人も少なくないと思います。特にボーナスの時期になるとそういう声が出る傾向が強いです。

でも自衛隊はすごく特殊な職業なので、個人の努力で超えられる部分とそうでない部分が一般の会社に比べて大きいような気もします。

 

私も実際に自衛隊を辞めると決めた時は不安でしたし、辞めようか悩んだ時期も人並み以上にありました。そんな時は同期や先輩、なんなら後輩でもいいので「自分が素直に話を聞ける相手」に相談しましょう。

もしそういう人が周りにいないというのであれば、私で良ければ相談に乗るので気軽に運営ポリシーからメールください(力になれるかどうかは分かりませんが、私なりに全力は出します)。