陸上自衛隊では染髪、ピアス、タトゥーは許される!?

 

元陸上自衛官のレトロ軍曹です。

自衛隊入隊前に金髪、茶髪なのは、黒く戻したり短くしたりすることで十分対処可能だと思いますが、中には「ピアス、タトゥーはどうなの?」と気になる方がいらっしゃるのでは?

 

自衛官は国家公務員で安定した立場が得られますが、一般企業以上に「見た目や服装などに注文を付けられる」と言えるでしょう。

今回は「自衛隊では染髪、ピアス、タトゥーは許される!?」というテーマで進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

自衛隊の髪型のOK/NG基準は上官次第か

「地毛です」と言える程度の茶髪隊員はいる

本当か嘘かは別にして、普通に見た時に「地毛です!」って言われたら納得してしまうレベルの茶髪隊員はそこそこいました。

「髪の毛、染めてんじゃねーか?」と言われるかどうかについては、たぶん先輩がメチャクチャ怖い男子校くらいのノリじゃないかと思います。

 

私が見てきたパターンでは、陸曹候補生試験を受ける前に「あ、こいつやりやがったな」という例が1件あるだけで、それ以外の隊員で明らかにやっているという例は記憶にありません。

ちなみにこの例だと、先輩たちの中でも「あいつ絶対やってるよな」という噂になりながらも、直接注意しに行くような先輩隊員は1人もおらず、むしろ「どうせ間もなく陸教(坊主共生の教育隊)に行くんだから見逃してやれ」くらいの感じでした。

 

ちなみに私が所属していた部隊では、地毛で明るい髪色の隊員がいましたが、最初こそ「なんもやってねーよな?」と確認されたりしていたものの、それが地毛っぽいと認識された後は、別に黒くするように言われたりなどもしていなかったです。

地毛なら問題ないですし、バレないようにやりたいって話になってくると「営内のシャワー室でやることになる」と考えたら、誰にもバレずにやるのは結構難しいと思います。

 

オシャレ坊主の良し悪し

 

私が所属していた部隊では、帽子を被った時に見える部分(えりあしやもみあげ)で遊ぶことはあまり許されていなかったものの、帽子で隠れる部分でオシャレに見せる分には何も言われませんでした

 

2ブロックあたりは普通にいましたし、ベテラン隊員ですが「映画クローズに出演していた頃の小栗旬さんみたいな髪型」の隊員もいましたね。

これは帽子を被っていると全然分かりませんが、帽子を脱いでいる状態では外の世界でも自衛官だとはバレないレベルの外見です。

 

私は陸曹になってからは、美容室で髪を切っているくらいのオシャレをしていたものの、陸士の頃は基本ずっと坊主でしたが、坊主でもあれこれ言われた経験があります。

例えば、当時EXILEのATSUSHIさんが坊主頭にラインを入れてたんですけど、それを真似した時は教育的指導がありましたね。

 

あと私の同期がスキンヘッドにして怒られていました。これは安全上の結構マジな注意だったようで、本人も「ライナーかぶると気持ち悪い」と言っていたので、やらないのが賢明です。

※ライナー:陸上自衛隊では何かと被る機会が多い、ヘルメットのようなもの。

 

スポンサーリンク

ピアスは外出時はOK

普段からチャラチャラさせている隊員はいませんが、外の世界で職場の飲み会があったりすると、普段は見られない隊員たちの私服姿を見ることがあるんですね。

その時に「あ、この人、ピアスしてるんだ」と思ったことが何度かあります

 

そんなに耳たぶを注視してきたわけでは無いのですが、女性隊員でも普段はNGだったんじゃないかと。ただ、外出の時にピアスをして出かける分には、指導はなかったと記憶しています。

実際、ピアスなんて開けちゃったらもうどうしようもないですからね。

さすがに新隊員の時にやっていいかどうかはちょっと分からないですけど、部隊配属されてから、外出時のオシャレとしてなら問題ないはずです。

 

スポンサーリンク

タトゥーを入れた隊員っているの?

 

タトゥーってここ数年で一気に増えたような気がします。

少なくとも私が陸上自衛隊に在籍していた10年ほど前は、タトゥーの入った隊員を見たことは1度もなかったです。

お風呂場は大浴場なので、たぶんタトゥーが入ってたらすぐに気付くと思うんですよね。

 

私自身はタトゥーそのものを入れようと思ったことすらないので、タトゥーが入っていると「入隊そのものが危ういんじゃないか」とすら、思ったりもします。

でも、自分が入隊する時にタトゥーがあったとして、入隊拒否をされそうな場面はなかったような気もします(特にチェックされたりとかありませんでしたし)。

 

ここに関しては、既に入れてしまったという場合は、広報官に確認をすることをおすすめします。

私の考えでは、「タトゥーが入っていれば入隊できない」と言われても納得しますし、「タトゥーは普段はシールとかで隠していればOK」と言われても納得するレベルです。

ただ、入隊後にタトゥーを入れるというのはおすすめしません(海に遊びに行くときとか、温泉に行くときとか、除け者にされちゃいますからね)。

 

スポンサーリンク

最後に

一般企業の営業職なんかでも、ある程度の制約はあると思うので、特別自衛官が外見に対して厳しいというイメージはありません。

 

ただし、一般企業の場合は「休日は一切干渉してこない」のに対し、自衛官の場合は休日もある程度干渉されるので、そのあたりの不自由さを感じる人は少なくないでしょう。

 

いずれにしても上官がOKと言えばOKという部隊が多いと思うので、その辺を上手くやっていく能力が必要だと思います。