前科持ちでも自衛隊に入れる?|犯罪歴があると入隊できないのか

 

元陸上自衛官のレトロ軍曹です。

自衛隊に入りたいと考えている人は、一般企業に就職するのと比べると体育会系の人が多いというか、言葉を選んで言うと「やんちゃな人」が多いので、過去に若気の至りで警察の厄介になったという人が少なくないかもしれません。

そんな人が心機一転し、自衛隊に入って頑張ろうと思っていても「そもそも過去に前科、犯罪歴があったら入隊できないのでは?」と不安になってしまうのではないでしょうか。

本記事では「前科持ちでも自衛隊に入れる?|犯罪歴があると入隊できないのか」というテーマで進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

自衛官の採用要項(採用条件、採用基準)

 

自衛官になるためには年齢制限が設けられている他、以下の条件に反するものには受験資格が与えられません。

これ自体は非常に緩く、簡単に言えば「日本国籍が無きゃダメ」とかそういうものですが、そこに犯罪歴うんうんも記載されています。

以下は令和2年の自衛官候補生採用要項ですが、防衛省のページから引っ張ってきたのでご覧ください。

 

 ⑵ この試験を受けられない者
ア 日本国籍を有しない者
イ 自衛隊法第38条第1項の規定により自衛隊員となることができない者
○ 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
○ 法令の規定による懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
○ 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

自衛官候補生採用要項

 

過去に犯罪歴のある人というよりは「刑の執行中だとダメですよ」というように書かれています。ここには執行猶予も含まれるのではないかと思われますが、もし執行猶予中に自衛隊の入隊試験を受けたいという場合は、広報官に相談するのが無難でしょう。

ちなみにこの条件に付いては、ほとんどの公務員において失職する条件となっているため、自衛隊で入隊試験が受けられないというのも特に厳しい条件というわけではなさそうです。

 

あとは法令で懲戒免職になって、それから2年が経っていない者だそうです。どんな例があるか実際に調べてみました。

「窃盗、横領、傷害、痴漢、盗撮、酒気帯び運転」等の犯罪を犯し、示談によって不起訴となったケースなどを差すようです。「示談になって逮捕は免れたけど、場合によっては逮捕されていた犯罪を犯し、懲戒免職になってから2年が経っていない人はダメ」みたいですね。

懲戒免職になってからの例を挙げているってことは、その当時社会人じゃなければOKなのか…?ちょっとこの辺は謎でした(気になる方は広報官まで)。

 

最後の条件は、暴力団に入っているとダメというもの。今時、ヤクザも表立って代紋を掲げている所の方が珍しいんじゃないかとは思いますが、この辺りに関しては身辺調査がありそうです。

ただし半グレ等と呼ばれている反社会的勢力がこれに該当するかどうかは疑問であり、個人的には「警察ならともかく、自衛隊にそこまでの情報網はないのでは?」と思いました(断言はできないけど)。

 

スポンサーリンク

学生時代のやんちゃ&ちょっとした粗相は問題なし

 

ちなみに私は同期より2年遅れの20歳の時に陸上自衛隊に入隊したのですが、車の運転で事故を起こしたこともありますし、スピード違反で罰金を払ったこともありました。これは入隊が決まる1年以内の出来事です。

高校生の時にはケンカとタバコで補導された経験もあり、これはさすがに2年以上が経過していましたが、簡単な身辺調査で調べることは可能だったと思います。

 

身辺調査をしていないのか、あるいは身辺調査をしたけど引っ掛からなかったのか。ケンカに関しては両成敗に近く、一方的な被害者がいなかったからスルーされたという考え方もできます。

いずれにしても、道路交通法で罰金を払ったことがあるというくらいでは、自衛隊に入隊できないってことは多分ないはずです。

私が入隊した当時よりも基準が厳しくなっているという可能性も無くはないですが、もしそうなら募集要項にもそれっぽく記載するでしょうし、なにより少子化問題も相まって自衛隊は人で不足と言われているので、よほどのことがなければ大丈夫じゃないかと思います。

 

スポンサーリンク

最後に

ちょっと記憶が曖昧ですが、入隊試験の時に提出する書類の中に「前科があるかどうか」みたいな項目があったような気がします。

個人的には「スピード違反も前科じゃないか?」と思って、有に〇をしたような気もしますが、問題なく合格できました。「見るからに更生していない」とかはヤバそうですけど。

いずれにしても過去は消せませんし、やり直しはいくらでも利きます。どうしても心配なら、広報官に相談して白黒はっきりさせるのがおすすめです。